背中のニキビも悪化するとクレーターになる!そうなる前にできること

背中のニキビも悪化するとクレーターになる!そうなる前にできること

 

 

酷いニキビがようやく落ち着いたと思ったら、ニキビ跡が凸凹な状態で残る「クレーター」に悩まされている人は多いです。
顔のニキビ跡がクレーターになってしまう人は多く、ほとんどの場合がすぐに治るものではないため、大きな悩みのひとつとなってしまうのです。

 

そしてクレーターは、背中ニキビでもできてしまうことがあります。
背中は普段露出することが少なく、自分の目で見ることもあまりない部位なので、気付いたらニキビができてしまっていた……ということが多いです。

 

すぐに治ってしまえば問題ないのですが、背中の肌の状態があまり良くないままだと、ニキビの数が増えたりニキビが悪化してしまうことがあります。

背中ニキビが悪化すると、顔のニキビと同じようにニキビ跡が残りやすくなり、場合によってはクレーターのような凸凹した跡になってしまうのです。

 

背中ニキビを悪化させてしまう前に、早めのうちからニキビ対策をしておきましょう。
ジュエルレイン」は、背中ニキビをケアするために作られたジェルクリームです。
ニキビを防ぐ成分や保湿成分が豊富に含まれており、健康で背中ニキビができにくい肌に整えていくことができます。

 

 

ニキビがクレーターになる原因

 

ニキビがクレーターになってしまう原因は、「ニキビの悪化」です。
早い段階でニキビを治すことができれば、炎症が肌に与えるダメージを少なく抑えることができるので、それほど酷いニキビ跡が残ってしまうこともありません。

 

ところが、炎症を起こしているニキビが悪化してしまうと、再生が難しい「真皮層」にまで炎症のダメージが及んでしまうことがあります。
真皮層にまでダメージが及ぶと、肌細胞を新しいものに生まれ変わらせる機能であるターンオーバーが追い付かず、クレーターのような凸凹になって残ってしまうのです。

 

真皮層にまでダメージが及ぶほどのニキビの炎症は、その人の体質や肌質、そのときの体調、ニキビの炎症具合、ニキビ菌が同じ場所にとどまっている時間などが影響して起こります。
どのようなニキビがクレーターになってしまうのかということは、ニキビができたばかりの段階ではあまりわかりません。

 

そのため、背中ニキビを見つけたらできるだけ悪化させないように気を付けて、早めのうちに治してしまうことが大切です。
背中ニキビは、背中の毛穴に皮脂や古い角質が詰まることでできやすくなるので、普段からしっかり汚れを洗い落とすようにしておくと良いでしょう。

 

 

クレーターは治らない?

 

ニキビの炎症によってできてしまったクレーターは、通常のニキビ跡に比べて治りにくいです。
決して治らないわけではないですが、クレーターを完璧に目立たなくするには時間がかかるでしょう。
クレーターは、ニキビの炎症によるダメージが真皮層にまで及んでしまったことでできているので、肌表面ばかりが綺麗になってもなかなか凸凹が消えないのです。

 

では、クレーターを効率的に目立たなくしていくには、どうしたら良いのでしょうか?

 

セルフケアでクレーターを目立たなくしていくなら、肌のターンオーバーを促すと良いでしょう。
ターンオーバーが定期的に繰り返されることで、古い肌細胞が新しい肌細胞に生まれ変わり、私たちの肌は健康で綺麗な状態に保たれようとしています。

 

ターンオーバーが活発に行われるよう肌に働きかけることで、何もケアをしない場合と比べて、クレーターが治るまでの期間を短くしていけるでしょう。

 

肌のターンオーバーを促すには、肌のうるおいをしっかり保ち、健康で清潔な状態を維持することが大切です。
“背中の保湿ケア”と言われてもあまりピンとこないかもしれませんが、お風呂上りなどの肌が乾燥しやすいタイミングで保湿クリームなどを使用するよう心掛けてみましょう。

 

返金保証で安心!ジュエルレイン